空と雲の名前


今朝起きたら、ひさしぶりに日光が差し込んでいました。

帰り道では、まだ明るい夕焼け空に雲がたなびいて

とても気持ちのいい日でした。

スポンサーリンク

□空の名前 雲の名前

春の空はぺったりとした水色で

夏の空は真っ青で もくりもくりと入道雲

秋の空はどことなく深い青で

冬の空は遠い感じ。

入道雲

最近は空を見て「夏がくるぞ~!」と感じるようになってきました。

身近に自然がある気がして空を眺めるのは、結構好きなのですが

特に雲にはたくさんの名前があることをご存知ですか?

うろこ雲、羊雲、飛行機雲なんかはよく使います。

他にも、ちぎれ雲、羽根雲、ほそまい雲、浪雲、水まさ雲、むら雲、朧雲…などなど

風情のある名前がついているのです。

私が好きなのは彩雲。

塔ノ岳に登った時に実物をみたことがありますが 何かいいことがありそうな雲でした。

彩雲
写真はネットから拾ってきたものです。羽根雲と彩雲のダブル。

美しい!!

□日本人にとっての空

興味深いのは、日本人にとって空や星は信仰の対象とならなかったことです。

太陽神 天照大御神を除くと、ほとんど星の神はでてきません。

天照大御神と同時に生まれた月読命は、生まれてきた以外特に物語はありません。

左目、右目と生まれてきたのに、鼻から生まれた素戔嗚の方が大活躍です。

他にもアマノカガセオという星神がでてきますが、これもまたマイナーです。

ギリシャや中国では、学問として天文学が発達し、神話などもがんがん生まれていますが

日本では学問として天文学を輸入したものの、

日本オリジナル星座物語は、聞いたことがありません。

日本の神々は、高天原から降りてきて以来、地上のありとあらゆるものに宿っている

イメージなのでしょうか。

不思議です。

□おわり

なんでこんなに空の話をしているのかというと、

久しぶりに「空の図鑑」ともいうべき本を本棚から引っ張り出してきたからです。

その名も「空の名前」

「夏至」「半夏生」「土用の丑の日」

知っているようで知らない歴史のある日々や

空の名前を写真と一緒にながめる、そんな本です。

夏だし、週末にはちょっと空を眺めにおでかけしませんか?

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。