沢を登る奥多摩


東京都内でも大自然が残る場所があります。

立川駅からさらに電車で10分のところに、多摩川の支流があります。

まだちょっと水が冷たかったので、シーズンはこれからが本番かも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

□沢登り

ウェットスーツとジャケットを着て、川の中をじゃぶじゃぶと上流に向かって

歩いていくだけのアクティビティなのですが、ラフティングに比べると

地味な感じがしていたものの、実際には意外と楽しいものでした。

新緑もきれいだし、冷たくて透き通った水もきれいだし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

急流に足を取られることもあるし

急に深みにはまることもあるし

石に蹴つまずくこともたくさん。

何より楽しいのが、ちょっとした滝クライミングです。

これが意外と大変。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(滝の左側からも登れるらしく難関ルート。右の人が昇っているのが普通ルート)

力のない女性や子供は、インストラクターのお兄さんが力強く引き上げてくれます。

男性陣は、自力ですいすい登る人もいれば、

途中で滑ったり、力尽きて豪快に落ちてくる人もいます。

水流も豊富で怪我する心配もないので、難関ルートを選んでチャレンジしたり楽しめます。

□自分のポテンシャルを確認する沢登り

沢登りが楽しいところは、数か所ある滝を登るときです。

落ちてくる水に逆らって、足場を確保して両腕で自分を支え身体を引き上げていくのですが

これが難しくて、だからこそとっても楽しい。

インストラクターさんが足場や手の置き場所などのアドバイスをくれますが

体力や手足の長短でその場所が最適ではない場合があります。

結局は自分で探りながら滝を登る必要があるのですが、

足場選びのセンスや体力、腕力、重心移動などをフルに活かすことになります。

日常生活では得られない自分へのチャレンジです。

□おわり

都心からすぐ(2時間程度)なのに、とても自然が豊かな奥多摩。

他にも山登りや、ラフティングなど色々できます。

川で遊ぶときは、身体が冷えるのでおにぎり等、炭水化物を多めに食べて出かけましょう。

体の芯が冷えてしまうと、身体が動かなくなってしまって充分楽しめません。

ちなみに今回遊んだのはここ「多摩川ラフティングウィンズ」!

写真をいっぱい撮ってくれて、提供してくれます。(料金内)

全部白く飛ばし過ぎだけど。笑

遠目には簡単に登れると思っていた小さな滝も、現実にはちょっと登れなかったりして

理想と遠い現実が それはそれで面白い沢登り。

オフィーリアOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。