暑い夏には 安曇野へGO!


以前、春の八ヶ岳は百花繚乱という話を書きましたが

夏の八ヶ岳もとてもとてもいいのです。

涼しいし、果物も野菜もおいしいし、やっぱり百花繚乱だし。

そして八ヶ岳は長野もすぐそこにあるのです。

スポンサーリンク

□ちょっと足を延ばして安曇野へ

新宿から「JRホリデー快速ビューやまなし号」に乗って終点の小淵沢へ行き

駅の真横で車をレンタルして出発。

電車を降りた瞬間に感じる湿度の低さ!ひんやりとした空気!!快適!!

今回の最初の目的地は安曇野。

他に最適なルートがある気もしますが、小淵沢からのんびりドライブです。

諏訪湖をぐるりとまわって1時間半、「大王わさび農場」に到着です。

ここは広大なわさび農場であるとともに、黒澤明監督の「夢」の舞台でもあるのです。

□オムニバス映画 黒澤明「夢」の舞台

私が小学生だった頃、夏休みにふとつけたNHKに静かに映し出されたのが

華やかな装いの狐面の人々の行列でした。

それは、蝉の声が遠ざかるほど 非現実的で魅力的な映像でした。

黒澤明監督の、「日照り雨」という狐の嫁入りを題材とした作品で始まる

オムニバス映画「夢」の映像でした。

「夢」の最後の作品「水車のある村」は風景のとても美しいところで印象的でした。

水車のある村

それが、「大王わさび農場」なのです。

□美しい水草と水車のある川を舟でいく

「水車のある村」の舞台となった水車のある川を小舟で下ることができます。

と言いたいところなのですが、

実際にあるボートは、映画とも日本の原風景ともえらい遠いところにある

ゴムボート。

風情もへったくれもありません。

クリアボート

と思ったら大間違い!なんとこれは船底がガラスになっている優れもの。

どこまでも透明な川底には、草原のように水草が揺れ、

梅花藻が咲き乱れ、たくさんの魚が泳ぐ姿がクリアに見えるのです。

15分で1000円、30分で1800円とけっこうなお値段ですが

乗る価値はあると思います。

午後2時くらいには予約が埋まってしまうので、到着したらすぐに予約した方が無難です。

しかし今回は、渋滞にはまってしまったためボートには乗れず…

来年、リベンジです。

□大王わさび農園

こんなきれいなところです。

真夏でもしびれるくらい冷たい水と、忘れな草とどこまでも続くわさび田。

IMG_8097IMG_8112IMG_8003

わさび農園のお土産は地元の野菜を使ったものも多く

おいしいものがたくさんありました。

特に、「のりわさび」が絶品でした。うっとり。

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。