ベランダで収穫を楽しむ!!初心者編


タケノコやイチゴを狩りに行くのも楽しいですが

ベランダでも収穫をする準備をしましょう~。

私は極度のめんどくさがりですが、それでも収穫できる野菜があります。

買い物さえ済ませれば、あとは15分くらいで完了!!

なのに収穫は1シーズン! ものによっては数年間!!

4月も終わりのこの季節、ベランダで野菜を育てる準備をしてみませんか。

スポンサーリンク

□ベランダでも育つ野菜

家ではベランダにこんな野菜が育っています。

・ルッコラ(毎年種をまく)

・シソ(毎年種をまく)

・ローズマリー(友人のうちの枝を切って挿しておいたら根付いた)

・セージ(チェリーセージのかわいさにお店で購入)

・山椒(友人の敷地(山)に自生していたのを抜いてきて植えた)

チェリーセージ山椒

(チェリーセージ)            (山椒)

今日は、園芸店でキュウリとトマトを買ってきて、プランターに植え替えました。

こだわると家庭菜園やベランダ菜園もきりがないですが、

面倒くさがりの初心者でもできる、放置系ベランダ菜園をご紹介します。

□ベランダ菜園で準備するもの

あまりたくさんの道具は必要ありません。

ものによってはものすっごく丈夫だし、水を切らさなければほぼ確実に

収穫できる野菜があります。

丁寧に育てたら、おいしいものが採れますが

放っておいても、それなりにおいしいものが採れます。

基本の道具はこの4つ。

・プランター

・底石

・野菜用培養土

・種 または 苗

プランターにもよりますが、1~2種類のハーブを育てる予定なら土は5L程度が目安。

個人的には、日清のこの土が育ちがいいと感じますが、腐葉土だってなんだって大丈夫です。

これに必要なものがあれば、それぞれに応じて追加していきましょう。

上記4つは、100円ショップでも揃えられるし、園芸店でも買えます。

ちなみに園芸店だと、強い種苗が手に入りやすいですが

ルッコラやシソなどの回転の速いものは100円ショップで

「2種類100円」で売っているもので、充分楽しめます。

□ハーブを植える1

ルッコラ・シソ・パセリ・三つ葉みたいなものは、超丈夫!!

むしろ地面に植えたら、畑も庭も覆い尽くしてしまう迷惑さ!

でもスーパーで買うと100円以上するし、使いきれなかったりすることもあります。

農薬なども心配なので、ベランダで栽培してしまいましょう。

1.プランターを用意します。

   丸いのでも長細いのでもなんでも大丈夫です。深さもあまり必要ありません。

2.プランターに底石を1/5程度いれます。

3.培養土を8分目くらいまでいれて、軽く土を抑えます。

4.バラバラに散らばるように、適当に種を撒いて、軽く土を被せます。

5.霧吹きでたっぷりと水をやりましょう。

ハーブの種は小さいものが多いので、如雨露を使うと流されてしまうので

注意が必要です。

ルッコラは2,3日で双葉がでてきますが、シソはなかなか芽が出てこなかったりと

それなりに個性的です。

芽が1,2cmを越えたら、混み合っている場所の芽を間引きします。

強くて丈夫そうなのは残して、あとは数cmずつ間が空くように抜いていきます。

抜いたものは、サラダなどに混ぜて食べてしまいましょう。

まだ日光を浴びていないから味も薄い!けど食感がしっかりしていて新鮮!!

ルッコラ(ルッコラ間引き前)

この章の最初にも言いましたが、ハーブの類はもともと雑草なので繁殖力が強くて丈夫です。

適当に育てていてもおいしく育つ反面、庭や畑に植えると凄まじい勢いで

繁殖してしまうので、地面に直接植えるのはやめておいた方が無難です。

□ハーブを植える2

丈夫で繁殖力が強いハーブのうち、多年草のものがあります。

セージやローズマリーもその1つで、魚料理や肉料理に使えて便利です。

これらは、はさみで切って、地面やプランターに挿しておくと根付きます。

とっても簡単!!

家にあるローズマリーも友人のうちの育ち過ぎた枝を数本切って

挿しておいたら、根付いてだんだん大きくなってきています。

ローズマリー
隣には浅葱が育ち中。

アクアパッツァ(魚の蒸し料理)や鶏肉料理に大活躍しています。

こちらも、上記と同じように特にこだわりなく適当なプランターに

底石と培養土を入れたら、枝を挿してたっぷりと水を与えましょう。

□おわり

今日は、誰にでもできるハーブ編でした。

毎食、ちょびっとベランダから摘んできたハーブをサラダや料理、

紅茶に使えると便利だし、おいしいし、安全です。

お客さんが来た時に、採れたてのミントに熱いお湯を注いで

ミントティーなんて出せた日にはおしゃれな生活をしている錯覚にも

陥れます。

ベランダ菜園に興味あるけどハードルが高いと感じている方、

ハーブから始めてみてはいかがでしょうか

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。