春の八ヶ岳 花の季節に馬に乗る


先週末、八ヶ岳に遊びに行ってきたのでそのレポートです。

4/18,19は、桜が満開でした。今週末まで桜は見頃らしいので

今年の桜を見逃した方は、ぜひ、東京から2時間の八ヶ岳へ!!

スポンサーリンク

□まだ間に合うお花見

おすすめは新宿から「JRホリデー快速ビューやまなし号」に乗って終点の小淵沢…

ではなくて、甲府駅で乗り換えて新府駅で途中下車。

なんと!新府は桃の名産地。

今、新府駅の周辺はモモと菜の花が満開です。

遠くには雪を載せた南アルプスの山脈。絶景!!!!!

八ヶ岳桃園

新緑というにはちょっとまだ早い山の中にはちらほらと山桜。

今なら暑からず寒からずちょうどいい気候なので、

甲府駅構内で山梨名物の駅弁とお茶を買ったら 桃園へ!

「桃園の誓い」ごっこをするには、桃の木の高さが足りない…。

(収穫するから当然か…)

電車の本数が限られているので、電車の時刻は確認しておくことをお勧めします。

そしてお昼過ぎに到着した小淵沢の駅でレンタカーを借りておでかけです。

□小淵沢の観光スポット

2015年の4/18頃は、桜が満開でした。

小淵沢は、街中にも山の中にも桜がたくさん生えていてとても見事です。

小ぶりで花の多い桜や、枝垂桜、山桜などなど、都内ではソメイヨシノばかりですが

小淵沢では都内ではみかけない桜がたくさん見られます。

その中でも抜きんでていたのが、神田(しんでん)のオオイトザクラ

この貫禄!!

八ヶ岳オオイトザクラ

でも、年を経ているせいかちょっと色褪せ気味。

でも渋滞ができるほど混むわけでもなく、夕焼けの光の中たたずむ満開の枝垂桜は

とても静かな心持にさせてくれます。

□大滝湧水公園と能楽堂のある神社

大滝湧水公園は、その名前の通り湧水がこんこんと湧きだす場所ですが

この季節はとっても寒いだけあって、誰もいません。

レストランも空いていません。

でも水がきれいだし、大きなマスが泳いでいて夏は釣れるようだし

わさび田もあるし、夏に来たら楽しそうです。

八ヶ岳湧水2八ヶ岳わさび

ちなみに泊まったペンションでは、ここの湧水で泳いでいた

餌には甲府名物のワインの搾り滓を餌として与えられてきたマスを戴きました。美味。

意外と楽しかったのが、身曾岐神社(みそぎじんじゃ)。

新興宗教で、ゆずの北川さんとフリーアナウンサーの高島彩さんが結婚したことで

有名だったと知ったのは、今このタイミングなのですが

新しいだけあってきれいな神社でした。

どどーんと池の真ん中に能楽堂があって、きれいなところでした。

八ヶ岳神社

個人的に新興宗教に興味はありませんが、烏骨鶏が飼われていたりして

結構おもしろかったです。

□暴れん坊将軍になる(乗馬する)

小さいころに必ず見ていた「暴れん坊将軍」

いつか、新さんのように白い馬を駆って浜辺を走りたいと思って早数十年。

最近は毎年乗馬をしに来ています。

八ヶ岳のいいところは、初心者でも馬に乗って森を散策できることです。

今回は経験者コースを申し込んで、駆け足(パカラッパカラッ)をしてきました。

初心者だとポコポコ歩く並足と、タッタッタッタの速足ができます。

八ヶ岳にはいくつか乗馬クラブがありますが、私がよくいくカナディアンキャンプ

ウェスタンといって手綱を片手でもつカウボーイスタイルで乗ります。

乗っているときの感覚で言うとひゃっほーい!!

両手で手綱をもつのはブリティッシュ。ちょっとお上品な感じ。

30分ほど馬場で乗馬の感覚に慣れたら、外乗に向かいます。

アスファルトの道を通り抜けて、広葉樹の森に入り(秋は紅葉がきれい!)

いい香りの赤松の林をぬけると、桜並木の歩道にでます。

森や林のやわらかい土の上をパカラッパカラッと駆けていると

テンションが上がりすぎて、笑いが止まらなくなります。

吉宗のようにクールに乗りこなすにはまだまだ。

基本的には10鞍以上乗ると、経験者コースに申し込めます。

でも乗馬が怖くないのであれば4,5回で経験者コースもいけるかも。
(インストラクターさんに従ってください。)

□春の八ヶ岳のいいところ

乗馬目当てで八ヶ岳にいったのですが、

八ヶ岳のすごいところは、春の花がいっせいに咲いているところです。

都内だと梅→こぶし→桜→山つつじ というように咲いては散って、別の花が咲いて…と

なりますが、八ヶ岳は梅もこぶしも桜も山つつじも全部満開でした。

まさに百花繚乱!!

八ヶ岳ヤマツツジ(山つつじ)

夏に比べると、閑散としていましたが混雑することもなく楽しめました。

春の乗馬も桜並木の下を駆け抜けられて、とても楽しかったです。

今週末(4/25)くらいまでは桜がみられそうとのことなので

暖かい恰好でお出かけください。

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。