GWだ!予約いらずの潮干狩り!!


やってきました、GW!!

いちごを狩って、たけのこも狩ったら、アサリも狩りましょう~。

4月頃から楽しめますが、5月のGWの頃がアサリが一番ぷりっぷりで

美味しい季節です。

IMG_4085

スポンサーリンク

□潮干狩りの持ち物

紫外線も強いこの季節、たのしく潮干狩りを楽しむには準備が大切です。

【必須】
・ぼうし
・スイムシューズ(サンダルはとっても不便)
・日焼け止め
・タオル
・着替え(パンツとズボン)
・網(ホームセンターなどで買えます)
・保冷剤
・保冷バッグ
・空の2Lペットボトル 2本くらい

【レンタルあり】
・熊手

忘れがちなのが、保冷剤と保冷バッグとペットボトルです。

この季節は気温も高くて傷みやすいので、

保冷バッグと保冷剤で新鮮なあさりを持ち帰りましょう。

ペットボトルには海水をいれて、砂抜きに使います。

□アサリをたくさんとるコツ

1.時間を知るべし

潮が引いていくのを追いかけるように、海に向かいます。

人が狩りつくした場所を掘っても、なかなか大きなアサリには出会えません。

潮が引くタイミングは、海のプロ 海上保安庁のHPをみます。

丁寧に「2015年5月 東京湾潮干狩りカレンダー」なるページすらあります。

2015年の関東で言うなら、

GWの頃なら9時ころから海の前に待機して、お昼過ぎまで沖に向かって掘り進めるし、

5月15日ころなら、普段は誰も届かない沖の貝まで捕獲できるということになります。

夕方には潮が満ちてくるので、沖に取り残されないように気を付けましょう。

2.係員さんに聞くべし

潮干狩りをしているところは、アサリを撒いているところもあります。

係員さんに「どのへんがアサリスポットですか?」とこっそり聞けば教えてくれます。

アサリは採れる人と、採れない人の差が大きく分かれる場合もあるので

先に聞いてしまうのも、簡単で確実な方法です。

3.アサリの巣を見つけるべし

アサリは集団で深さ10cmくらいのところにいることが多いです。

潮が引いていくのを追いかけつつ、少し大きめの水たまりを探しましょう。

水たまりの水際に、たくさん潜んでいることがあります。

そういう時は、熊手より素手で砂地を撫でる方が貝殻を傷つけることなく

大量のアサリを発見することができます。

ゴム手袋があれば最強です。

ちょっと盛り上がった砂地にポコポコ空いている、アサリの呼吸穴を掘りかえしてみたりと

たくさん採れる方法は様々なので、色々な方法を試してみてください。

ちなみにハマグリは15cmくらいのところにいるので

15cm位掘って、周辺を探してい何もいなければ、どんどん新しい場所を開拓しましょう~。

□アサリを持ち帰る

たくさん採れ過ぎた場合は、大きなアサリのみを選んで

海に戻しましょう。

たくさん持って帰りたいところですが、正直、そんなにたくさんのアサリの砂を抜いて

料理するのは大変です。

アサリを選んだら、殻を割らないように水道水でじゃぶじゃぶと洗って

保冷バッグに保冷剤と共にいれます。

余裕があれば、ペットボトルに海水をいれて持って帰ると砂抜きが捗ります。

家に着いたら、ボウルに海水ともう一度洗ったアサリをいれて暗がりに

一晩おいておきます。

暑い日はそのまま死んでしまうので、涼しいところで砂を吐かせます。

□関東の潮干狩りスポット ホンビノス貝狩り!!

だいたい千葉になりますが、

千葉の金田海岸潮干狩場(内房線 [巖根(いわね)駅]からタクシーで約10分)

はとても楽しかったです。

ホテル三日月が浜辺のそばにドドンとあるのですが

潮干狩りの浜辺からすぐのところに、休憩場やトイレがあり、きれいな海水も

供給されています。

潮干狩りの後には、竜宮城スパでお風呂も楽しめるし、ご飯も食べられるし、

マッサージもあるし大人も楽しめる場所です。

一番手軽なのは、ふなばし三番瀬海浜公園(船橋駅からバスで約25分)です。

都心から電車で一番行きやすい場所ということもあって、

結構混雑するのが難点ですが、ここのポイントはホンビノス貝が採れること!!!

ホンビノス

ホンビノス貝は、ハマグリ似のちょっと硬めのアメリカの貝です。

ちょっと硬いけど、大きくて食べ応えのある素敵なやつです。

大きいのは深い場所にいるので、がんばって捕獲してください。

□おわり

5月のアサリは 身が大きくてぷりぷりしていて、とてもおいしいです。

うしお汁も、あさりごはんも、クラムチャウダーも、酒蒸しもボンゴレビアンコも

潮干狩りの後なら、惜しみなくアサリを使った料理を作れます。

潮干狩りなら特に予約もいらないので、

まだ予定のない方は、潮干狩りなどいかがでしょう?

IMG_4082

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。