初心者用 トレイル練習コース?? よこやまの道


私は身体を動かすことは好きですが、ランニングは好きではありません。

けど、素敵な紳士がお誘いをくれるので、

基本、その手のお誘いを断らないことを信条にしている私はちょっとずつ走るようになってきました。

不思議なもので、走るのが好きではなくても連れ出されてみると

ハーフ(21キロくらい)なら走れることがわかってきました。

もちろん、辛いんですけど。

スポンサーリンク

□「軽く山道を走りましょう」

できればランニングより、バスケットボールのように走っていることをあまり

意識しないスポーツの方が好きなのですが、

少年のようなその紳士は、時々、走るのが遅い私のこともランニング仲間としてお誘いくださいます。

初回は10キロ、2回目は20キロの多摩川沿いのランニングのお誘いがあり、

今回のお誘いは、「軽く山道を走りましょう」でした。

舗装された道ですらキツイ20キロの道のりなのに、「山道」が追加されました。

心配すぎるので確認したところ、未舗装の道はそんなに長くないから大丈夫!

とのことでした。

行ってみたら、結構な起伏があって最初の500mで心が折れかけましたが。。。

□「よこやまの道」

京王線「若葉台」(多摩市)という駅から徒歩10分弱のところにある公園から始まる道です。

昔々、万葉の時代からあるとても古い道だそうです。

朝鮮半島からの攻撃を防衛するために防人として多摩から九州に向かって歩いていった道だとか。

ちゃんと手入れはされているものの、舗装されていない道で時々木の根だらけだったり、ぬかるんでいたり

木が倒れたりしている起伏や階段も多い道です。

お散歩されている方も多いのですが、トレイルランニングという舗装されていない山道を走る

競技をする人たちの軽い練習コースにもなっているようです。

今回、その山道も含めて10キロほど行って帰ってくる合計20キロほどのルートです。

そのうち山道はたぶん2キロもないので、トレイルランニングってどんな感じかなと

チャレンジするには、たぶんちょうどいいコースです。

山道は起伏がありますが、よこやまの道は舗装されている道でも、比較的起伏が多いコースでした。

ちなみに、トレイルランニングの大会で設定される距離は、様々で

数キロのものから100キロを越えるものまであるそうです。

坂道だらけのコースは、もうそれだけで辛かったのに、100キロ以上ある山道を

しかもものすっごいスピードで走れる人がいることに驚きました。

人類の可能性の幅は思っている以上に広い。

□よこやまの道のルート

よこやまの道は、辿り着くまでと途中数か所分かりにくい場所がありました。

備忘録のためにルートを。

今回は、よこやまの道の東順路を往路、西順路を復路で走りました。
京王線「若葉台」で降りて改札を背に左側にでます。

左に線路が見えるように、そのまま道なりに坂をあがっていきます。

image

丘の上広場のなかに「よこやまの道」が現れます。

IMG_7856

そこから未舗装の道を走り抜け、

普通の道路にでたら、右折して坂を下ります。下る途中に左手に道案内の図画みえるので

その横の未舗装っぽい階段は下りないで、アスファルトの道を進み歩道橋を渡ります。

しばらく道なりに進み、舗装された道路に移ってからは、多摩市総合福祉センターの

裏側に回り込まないといけないのが、わかりにくいポイントでした。

緑が多い方がただしい「よこやまの道」です。

山道はものすごい疲れるけど、

野イチゴやキノコなどの自然もたくさんあって楽しめました。

IMG_7851 IMG_7860

初心者でも、体験できるトレイルコースです。

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。