「なりたくない自分」を設定しませんか


ダイエットして引き締まった身体を手に入れる!

英語を話せるようになる!

「なりたい自分」のイメージは持ちやすいと思います。

けど、「なりたくない自分」を設定するほうが「なりたい自分」になる近道かもしれません。

スポンサーリンク

□自分が「できないこと」を明確化する

合気道の稽古では、自分はできていなくても技をかけられてみると

相手の動きの悪いところが判るということがあります。

相手の技の未熟な点を、次に自分が技をかけるときに修正していくのが稽古です。

だからこそ、上手な相手とも下手な相手とも組むことが大切になります。

合気道は「見取稽古」という言葉があるように、丁寧に技を指導することは(あまり)しません。

いくら言葉を尽くしても、微妙な身体の動きや角度を伝えることができないからです。

人生においても、誰かが懇切丁寧に教えてくれることはありません。

試行錯誤を繰り返しながら、自分を軌道修正していくものだと思いますが

その軌道修正方法を「なりたい自分」方向ではなく、

「なりたくない自分」を明確化することを提案したいと思います。

□「こんな自分にはなりたくない」

NO

「こんな自分にはなりたくない」像を日常の中で、蓄積していくのです。

「聞き流すだけで上達する英語」と同じく

本気の無意識でぼーっと聞き流せという意味ではありません。

日常を意識的であれ、という意味です。

些細なこと、壮大なこと、されたら嫌なこと、実現したくないこと、なんでもいいと思います。

「太る」「ニートになる」「食べ方が汚い」「隙あらば食っちゃ寝」「携帯依存症」

「一生会社勤め」「教養がない」「病気」「家族として必要とされない」「寝たきり老人」

書き出さなくても、明確に意識するだけでずいぶん違います。

「なりたい自分」になるためには、色々行動を起こさねばなりませんが、

「なりたくない自分」を実現するためには、半分はその行動を止めれば実現します。

食べる量を減らす、食っちゃ寝をやめる、携帯を手に取るのをやめる、

家族が愛想を尽かすような行動をやめる…等、

「やめること」は「続けること」に比べて簡単です。

残りの半分弱は、日常生活の中で少しずつ取り込むものになります。

映画は字幕で見てみる、普段読まないジャンルの本を読む、一駅分歩いてみる、

野菜を多めに食べてみる、

日常生活の中に たくさんのチャンスがあることに気が付きます。

残りのちょっと(会社を辞めて独立!みたいなもの)は、「なりたい自分」側に振り分けましょう。


「やめること」と「ちょっとしたタイミングを活かすこと」で

「なりたくない自分」から遠ざかれます。

□おわり

なぜこういうことを思ったかというと

最近生活が乱れていていると自覚しているのです。

例えば、和菓子などを買ってきたままの状態から包装紙を破いて食べる、

といったことが増えてきました。

実家ではやらなかったことです。

お茶を淹れて、お皿に移してから食べていました。

祖母がそうしていたので、母も伯母も皆そうやってきました。
和菓子

1人暮らしや夫婦だけになると、面倒なのと気安さで「包装紙のまま出してもいいや」と

なっていますが、

面倒なのに、今まできちんと育ててもらってことを

自分の「面倒だ」という気持ちひとつで、途絶えさせてはいかんなぁと思ったのです。


和菓子はただの例えですが、その他も日常生活のなかで悪しき慣習を固定化しないように

ちゃんとしていきたいと自戒を込めて…(ー_ー)

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。