上司「家族を理由に帰る部下には仕事は任せない」⇒家族「仕事を理由に家庭を顧みないなら~」


最近、テレビで「残業しない社員は出世しない」という雑誌の記事を受けて

夜の新橋で上司と思しき年齢の方々にインタビューしているのを見かけました。

【 就業時間後に「これから打ち合わせがあるんだけど、出てくれる?」と部下に聞いた時、

「今日は子供の誕生日なので帰ります。」と言われたらどうですか? 】

多くの上司は答えました。

「家庭を理由に仕事しないような部下には重要な仕事は任せられないな。」

個人的には、緊急の場合を除いて時間内に仕事を終えられるのが

「仕事ができる」社員だと思いますが、雑誌や上司の意見にあった

「残業して仕事のことを考えてる時間が長いほうが出世する」というのも

事実ではあると思います。

では、残業優先で頑張る夫(妻)・父(母)は家族にどう思われるでしょうか。

スポンサーリンク

仕事を理由に家族をおろそかにする存在

インタビューに答えているの上司たちは、酔っ払っていることもあって

若干ドヤ顔で、「社会人の心得として残業優先はあたりまえ!」と語っていましたが、

逆に「仕事を理由に家族をおろそかにする配偶者(親)」は、家族にどう評価されるのでしょう。

おそらく時間が経つにつれて、「ありがたいけど家族としては希薄」な存在となっていくでしょう。

家族という小さく遠慮のない集団だと、「会社で出世」よりも露骨に顕在化しそうです。

現在、「熟年離婚」が話題となっていますが

「家庭を理由に仕事をおろそかにできない」という考えが家族内での自分の地位を下げ、

家族にとってはむしろ、不在の方がありがたい存在になってしまった結果でしょう。

無意識のうちに自ら志願して「家族のためのATM」になってしまっていたのです。

家族のために仕事をしていたはずなのに、悲しい結末です。

「仕事優先=家族は我慢」ではない

「社会」とは2人以上の人間が存在すれば成立するものだ、と法学の授業の最初で学びました。

会社と家庭、別の社会でそれぞれの立場を求められます。

でも身体は一つ。両立するのは難しいことです。

が、仕事と同じく家庭でも「私はここまでは成立させる努力をします。」という

姿勢を普段みせておけば、いざ、両立できなくなってしまった場合でも優先順位の低い方に

「この人はいつも努力してくれているのだから、今回は余程のことなのだろう。仕方ない。」と

思ってもらえる可能性が高くなります。

両立させることが難しかったとしても、「仕事優先=家族は我慢」が当たり前という

認識こそ恐れたい。

誰かから押し付けられる「社会人とはかくあるべし!!」という思考にとらわれて、

本当に自分に必要な社会や立場を失わないようにしないといけません。

会社や上司は、あなたの人生の責任をとってはくれません。

「普段関心がないくせに、こういう時だけエラそうに…」

インタビューの中では50代らしき上司が「最近の若い奴は特に…」と苦り切っていました。

テレビを見ながら「ふ~ん。ジェネレーションギャップかもね」と思いましたが

遠い記憶がでてきました。

「普段関心がないくせに(知りもしないくせに)、こういう時だけエラそうに…」

会社や上司に言われ続ければ、仕事優先に疑問を持たなくなるでしょう。

「私は家族を養うために仕事をして残業して頑張っている。疲れているんだ。

家にいるときくらい家事も愚痴もうんざり。休みの日は寝かせて欲しい。」

とてもわかります。

一方、こちらもわかります。

「私は家族が家族として機能するために、貴方に働きかけている。

それを拒絶するのなら、家族の一員として同じ愛情や待遇を求めないで。」

会社と家庭という代表的な2社会での話ですが、ネガティブな主張だけしてみると

こんな感じでしょうか。

どちらもわかるだけに、心臓がひやりとする新橋よっぱらいインタビューでした。

思考が偏らないように気を付けないと。

くわばらくわばら

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。