女性車両にいる男性は仕事ができない??


みさわ

10人いれば10人の考え方があるものです。

以下の話は例え話ですがそんな捉え方もあるかと感心しました。

スポンサーリンク

□彼氏が女性専用車両に乗ってた

こんな話がありました。

『最近彼氏と別れた。原因は、女性専用車両に乗ってたことに気付かなかったと

嬉しそうに報告されたのが3回目だったから。」

「嬉しそうに報告された」ことに嫉妬したのかと思ったら、違いました。

「さすがに何度も繰り返すのは、周りが見えない人間だということだ。

普段から気の利かない彼氏だと思っていたけど、やっと理解できた気がする。

周りが見えない人間は、状況把握能力も低いし、問題意識も持てない。

そんな人は仕事もできない。愛想が尽きた。」

きっと女性専用車両の話は、水面張力すれすれのコップの最後の1滴だったのでしょう。

□『あたりまえ』を疑え

上記はただの例え話です。

たまたま女性専用車両の話がでてきましたが、男性に限ったことではなく

日常の、ありとあらゆるところにこの例と同じようなことが起きています。

それは全く『意識したことがない』ことかもしれません。

自分にとって「まさか!!」な理由で、恋人・友人・家族から「NO」を突き付けられる

可能性があるのです。

自分の行動で意識していないことや、当たり前になってしまっていることに

疑問を持つ必要があるかも。

□バランス感覚を身に着ける

どうすれば、そんな「まさか」がなくなるのか考えてみると

色々な人の考え方を知ることである気がします。

たくさんの人と出会ってヒット&エラーを繰り返すことかもしれないし、

本を読んで、登場人物の気持ちをトレースすることかもしれません。

色々な価値観を知ることで、自分の在りたい場所を確認していかないと

ある時、自分にとってはよくわからない理由でフラれるかもしれません。

何が原因でフラれるか分からないってヤダな~。

ご高覧に感謝します☆

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です