JASRACが嫌い!支払い拒否は歌手をも殺す!? ~JASRACのお金は誰のもの~


タイトルには「歌手をも殺す」とありますが 直接的には関係ありません。

しかしJASRACへの支払い拒否は、音楽を制作する人たちの収入を断ち

ひいてはアーティスト生命を断つことにもつながりかねません。

そしてJASRACが音楽の権利者にとっても多くの問題を抱えていることもまた事実です。

ここではJASRACのしくみについて簡単に説明します。

スポンサーリンク

JASRACが徴収したお金はどこへ行くのか

JASRACが集めたお金は、最終的に音楽を作る人たち(権利者)に振り込まれます。

JASRACはこ3者のうち、作詞家・作曲家の代理人として音楽を使う人にお金を請求します。

シンガーソングライター・ロックミュージシャンなどこの3つを1人でこなす人もいますが

その場合も、作詞・作曲についてのお金を回収するのがJASRACです。

なぜJASRACがお金を請求するのか

想像してみてください。

貴方は作詞家または作曲家です。

作った曲を人気アーティストに歌ってもらえることになりました。

ダウンロード、CD、MVのDVDの販売が始まりました。

毎日TV・ラジオ・有線(全国・地方)で流れるようになり、web上の販売サイトでも流れています。

カラオケにも登録され、地方のカラオケ喫茶、スナックでも流れ、お店の収益に貢献しているようです。

貴方の作った音楽で、いろんな人がそれぞれの方法で商売をしているようです。

あなたはどうやって自分が作った曲の対価を回収したらいいでしょうか。

音楽の使い方は上記のものだけではありません。無数にあります。

無断で貴方の作った曲を使って商売をする人たちには、請求する権利がある気がします。

日本全国だけではなく海外でも使われているようですが、個人では手に負えません。

本当に請求できるの? 相場は? 誰に話を付ければ? いつどこで誰がどう使ってるの?

その作業はいつまで続くの?などなど

考えるだけでうんざりです。

そういった作業を引き受けているのがJASRACです。

正式には、作詞家・作曲家等の権利者の権利を「委託されている」といいます。

JASRACは音楽(楽曲)の使用料を、定期的に作詞家・作曲家に振り込んでくれるのです。

JASRACは作り手にはありがたい存在なのか

むずかしいところです。

手間や労力を考えると作詞家・作曲家はJASRACにお願いせざるを得ません。

が、ご存知のようにJASRACも多くの問題を抱えています。

使用された音楽に対して、きちんと使用料が振り込まれていなかったり

そもそも何に対して支払われているのか明細が集約され過ぎて確認ができません。

問い合わせたり、「使用されたはずのものが支払われていません。」といえば

対応してくれたりもしますが、すべての使用に対して張り付いてチェックなんて

到底できないので、気づかないまま泣き寝入りしていることも多いと思います。

JASRACに使用料を払わない方がいいのか

これに対してはNO!!です。

音楽が好きで、曲やアーティストを応援してくれるのであれば 支払ってください。

「TSUTAYAが嫌いだから、CDを万引きする」のと同じ理屈になります。
(TSUTAYAさんごめんなさい。いつもお世話になっています。)

TSUTAYAが嫌いなら別のCDショップでCDを買えますが、JASRACは選べないのです。

そしてCD=音楽=音楽を作る人たちに過失はありません。

最後に…

簡単にですが、JASRACと音楽を作る人たちの関係を述べました。

JASRACは多くの問題を抱えていますが、JASRACがないと立ち行かないのも

現状です。

ただそれとは関係なく、いい音楽に対しては、きちんと対価が支払われて欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。